セラ・サービスについて

 公益財団法人世田谷区産業振興公社では、セラ・サービス(中小企業勤労者福祉事業)の会員の皆様に勤労者福祉の向上を図るため様々なサービスを提供しております。この利用ガイドには、健やかな生活や余暇活動の充実をサポートするメニューを掲載しております。会員の皆様には、是非とも、ご家族、職場で、この利用ガイドを2年間ご利用いただき、心豊かな生活の実現に向け、お役立ていただければと願っております。

シンボルマークと愛称

イメージシンボルマークは、たくさんの人々がお互いに手をとりあって、明るく楽しい、ゆとりのある生活をエンジョイしている様子と、会員の輪を広げる発展性を表現しています。

愛称「セラ・サービス」は、[Setagaya Labor(世田谷の勤労者) Serviceサービス]を略したものです。
セラ・サービスは、「呼びやすく、親しみやすく、世田谷や公社に結びつきがみられるもの」を選考基準として、会員の皆様のご応募の中から選ばれました。

沿 革
昭和56年 世田谷区が勤労者福祉対策プロジェクトを発足する。
昭和61年 世田谷区勤労者共済制度調査会を設置する。
昭和62年 世田谷区勤労者共済会設立総会を開催する。
平成4年 世田谷区勤労者共済会を解散し、財団法人世田谷区勤労者サービス公社を設立する。
平成5年 会員からの公募により、愛称「セラ・サービス」が決定する。
平成11年 コンビニネットを導入する。
平成12年 ホームページを開設する。
平成13年 音声応答システムを導入する。
平成18年 財団法人世田谷区勤労者サービス公社を解散し、全てのセラ・サービス事業を財団法人世田谷区産業振興公社が引き継ぐ。
Web申込システムを導入する。
平成23年 一般財団法人から公益財団法人に移行する。

PAGE TOP